ブラック企業番付

「ブラック企業と転職」の記事一覧

【転職のジョーシキ】どこからどこまでが経歴詐称?

【転職のジョーシキ】どこからどこまでが経歴詐称? 履歴書・職務経歴書は様々な書き方が横行しています。 例えば 「入社しても在籍が3か月未満なら履歴書に書かなくてもよい」とか 「アルバイトも職務経歴書に記載をするべきだ、いやしないべきだ」などです。 市販の履歴書・職務経歴書も形式は様々ですし、 転職に関するサイトや転職エージェント、コンサルタントなど、いろいろな人がいろいろなことを発言しています。 でも実は履歴書・職務経歴書の書き方にルールはありません。 「こう書いた方が魅力的になるよ」という書き方は存在しますが、 「こう書かなければならない」という決まりはありません。 とはいえ、事実無根の嘘の […]

【転職のジョーシキ】第二新卒って何なの?

入社してみたものの今の会社が辛い、合っていない、辞めたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際新卒の30%は3年以内で退職する時代なので、あなたがそう思うことも不思議なことではありません。 ここでは第二新卒についてお話します。 記事の目次 ・第二新卒って何なの? ・第二新卒は有効なカードではないため、焦る必要はない   第二新卒とは 第二新卒という言葉が一般的になって久しいですが、そもそも第二新卒とは何なのでしょうか。 多くに当てはまる定義でいうと ・20代中盤まで ・社会人経験がある ということでしょうか。しかし、企業によっても大きく異なってきます。 20代中盤であれば誰 […]

【30代必見】30代におススメ転職エージェント

  今日の目次 1.30代の転職はキャリアアップを目指せ 2.マネジメント?スペシャリスト?自分の進む道を定めよう 3.30代におススメのエージェントの見分け方 4.30代におススメエージェント    ■30代の転職はキャリアアップを目指せ 社会人になって10年、今の会社で定年まで働くことも想像ができる。だけど何か物足りない。そんな悶々とした想いを抱えて出社しているサラリーマンは少なくないはずです。60歳を定年としてもあと30年、そんな悶々とした想いを抱えながら30年も働き続けられるでしょうか。   もし今の会社で疑問を抱いたのなら、転職するしないにせよ、一度転職 […]

【20代必見】20代におススメ 転職エージェント3選

20代におススメ 転職エージェント3選 今日のお話 20代の転職のコツと 20代の転職におススメのエージェントを厳選して3社紹介します。 今日の目次 1.20代の転職は珍しくない 2.キャリアチェンジは若い方が有利 2.20代の転職で気をつけるポイント 3.20代が使うべき転職エージェントの見分け方 4.オススメエージェント3選   ■20代の転職は珍しくない 1.新卒の3年以内の離職率は高まっている 2.終身雇用の時代も終わった 3.20代の転職は珍しいものではない。   新卒で入社した会社がブラックだった。もう限界。3年は働けって言われるけど、もう辞めたい。でも入社して数年で転職 […]

【簡単】ブラック企業から脱却する方法

【簡単】ブラック企業から脱却する方法 現在の日本では多くのブラック企業があり、数多の労働者の方々がその魔の手に捕らえられ、辛い日々を過ごしています。 過労死や自殺といった痛ましいニュースがお茶の間を賑わすことも少なくありません。 また、流石にそこまで追い詰められていないにしても、 現状をどうにかしたい、このままではいやだ。 と感じている人は多いのでは無いでしょうか。 今日のお話 本日はそのような方にむけて、 ブラック企業から簡単に脱却することができるいくつかの方法をご紹介したいと思います。   期待したい効果 少しでもこの記事を読んだ皆さんの気持ちが軽くなればと思います。 また紹介し […]

エージェントが明かすブラック企業の見分け方

エージェントが明かすブラック企業の見分け方 ブラック企業とは何でしょうか。 定義はそれぞれですが、とにかく死者を出した企業は間違いなくブラック企業と断定できるかと思います。 2015年には電通社員が過労を苦に自殺をしたことが、 2020年にはパナソニック産機システムズの内定者がパワハラで命を絶ったことが ニュースとして大きく取り上げられました。 これらの会社は事前にブラック企業だと判別できたのでしょうか。 おそらく答えはNOです。 一番の問題はパワハラが横行し、過労死せざるを得ない環境や社風が問題なのです。 いくら「有休消化率100%」「女性も管理職になれる」などとうたっても、実態や社風が伴っ […]

ツールバーへスキップ