入社してみたものの今の会社が辛い、合っていない、辞めたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際新卒の30%は3年以内で退職する時代なので、あなたがそう思うことも不思議なことではありません。

ここでは第二新卒についてお話します。

記事の目次

・第二新卒って何なの?
・第二新卒は有効なカードではないため、焦る必要はない

 

第二新卒とは

第二新卒という言葉が一般的になって久しいですが、そもそも第二新卒とは何なのでしょうか。
多くに当てはまる定義でいうと

・20代中盤まで
・社会人経験がある

ということでしょうか。しかし、企業によっても大きく異なってきます。

20代中盤であれば誰でもいい。
せめてアルバイトをしてなければダメだ。
社会人経験が1年はないとダメだ。
大卒でなければ駄目だ。
院卒は第二新卒ではない。
ビジネスマナーを身につけていなければダメだ。

など。

決まった定義がないということは、全ての企業に第二新卒枠があるというわけではないと言うことです。

なぜ第二新卒で採用するのか

まず、なぜ第二新卒を採用するのか、ということから考えてみましょう。

いくつかパターンがあるのですが、多くは「新卒採用に失敗したため」です。
社会人歴も浅く、業界も違い即戦力になるかも分からない若手人材を採用するなら次年度に新卒を採用した方が効率的です。
新卒採用は一括で採用ができるため、人的リソースを定まった期間に集中させることができます。
中途採用は通年でやらなければ成果が得られにくいので面倒なのです。

日本の企業にはいまだに新卒信仰があり、新卒>中途の傾向が強いため、企業も「即戦力でない限りは新卒採用でまかないたい」と考えています。

しかし、それも新卒採用が上手くいけばの話です。

新卒採用が上手くいかず採用目標に達しなくて、次年度の新卒採用も上手くいきそうになければ(景気の後退、採用の売り手市場等)、採用担当者はその不足人員分をリカバリーしなければなりません。

企業には採用計画があり、年間の採用人数や採用の予算などがあらかじめ決まっています。今年は新卒を30名採用しよう、予算は1000万で抑えよう。などです。
この計画がうまくいかなかった場合、つまり、想定していた採用人数に満たなかった場合、あるいは採用できても早期に退職者が出てしまった場合、リカバリーをしなければなりません。

この時の採用ニーズに応えるのが第二新卒です。

第二新卒に多い求人

上記の理由から第二新卒に多いのは採用計画に届かないことが多い業界、つまり労働集約型や不人気業界の求人ということになります。

不人気業界をここで挙げることははばかられますが、人材不足がニュースで取り上げられるような業界をイメージしていただければよいでしょう。

労働集約型の職種とは「人がいれば売り上げが上がる」求人のことで、逆に言えば「人がいなければ売り上げを上げることが難しい」会社・職種のことです。
具体的に言えば営業。営業は営業マンの数が多ければ、より多くの利益を出すことができます。もちろん営業マンの数が増え過ぎればどこかで頭打ちが来ますし、営業マン個人の売り上げが下がることはありますが、それでも会社全体としての売り上げが上がれば営業マンを増やすという選択を企業はとります。

コールセンターも人がいなければ対応することができませんし、SIerのSEも人月単価で売り上げを計算するため、労働集約型ということができるでしょう。

労働集約型の対義語は「知識集約型」で簡単にいえば「研究職」がここに当てはまります。しかし第二新卒は特定の技能を持たないことがほとんどであるため、知識集約型で採用されるケースは稀で、労働集約型のニーズがある企業で募集がかかることがほとんどです。

いずれにしても「労働集約型100%」な求人はありませんので、労働集約型の割合が多い職種の求人が多い、という認識を持っておくといいかもしれません。

つまるところ第二新卒だからといって有効なカードであるというわけではないということです。

まったく別のケース

近年はまったく別のケースで第二新卒を募集しているケースもあります。それは「ベンチャー企業」です。

実は新卒採用を本気でやろうとすると結構大変で、コストも掛かります。マイナビ、リクナビ等への企業登録、合同説明会の企画、インターンはどうする、地方の学生への交通費は、土日でイベントに出展する場合は誰が行くのか、などなど。
採用にリソースを割けない中小企業・ベンチャー企業は鼻から新卒採用を実施しない企業もあるほどです。

とはいえそんな企業も年齢構成を考えると若手人材が欲しい。こういうときに企業が使う第二新卒枠もあります。
ここでの第二新卒は「若手の中途採用」と同義ですので、近年のベンチャー企業はこういった手法も取り入れています。

第二新卒におススメの応募方法は「求人媒体」

第二新卒の方にお勧めする応募方法はオーソドックスですがリクナビ・マイナビなどを使った求人媒体です。

第二新卒を募集したい企業は基本的に複数名採用をしたいという想いがあります。
新卒採用の想定から1名の不足くらいなら翌年に採用します。
※「新卒採用で定員30名のところ29名しか採用できなかった。第二新卒で採用しよう!」とはならないのです。基準は企業によりますが、体感値では5名以上の採用枠がある場合に第二新卒で採用することが多く、基本的には一括採用になります。

一括採用で有効な手法は求人媒体です。一つの広告で多くの人にアピールできるため、一括採用に向いています。

第二新卒は有効なカードではありません。

最後にお伝えしたいことは「第二新卒は決まった定義もなければ有効なカードでもない」ということです。
第二新卒での転職を考えている方は少なからず「就職に失敗した」と感じていることと思います。失敗することは悪いことではありません。しかし、会社選びという点ですでに失敗していると感じているのであれば、同じ失敗を再び繰り返してはいけません

「第二新卒だから早く転職しなければ」と焦るくらいならば一旦落ち着いて自身のキャリアややりたい仕事をじっくりと考えてみた方がいい結果が得られます。

第二新卒しか入れない企業なんてごく少数で、27歳、28歳程度であれば十分若手採用として見られます。その時のキャリアチェンジでも決して遅くありません。

大切なことは第二新卒を当てにして転職活動を行うのではなく、あくまで第二新卒という手段も持ちつつ、最良の転職先を探すことです。

周りの情報に惑わされない転職活動を行ってくださいね。