大変な時・苦しいときに人間の本質は現れると言いますが、会社も同じ。
みなさんからの情報から、転職の怖い話を集めました。

1.会社が突然休業になり、給与が6割カットされる。

全社員一律で4月から休業するっていうのは許せる。給与を60%に減らすっていうのも渋々許せる。
それを3/30に言うのはマジで勘弁してくれ。
副業解禁するからって言われても、もう何もかも遅いんだよ。。。
ローンどうしよ。。。

2.部長がコロナでも出社してます

うちの部長達は出社してます。社員は全員リモートです。部長もリモートOKです。でも出社してます。
会社が好きなのか、愛社精神をアピールしたいのか、家庭に居場所がないのか分かりません。
毎日誰もいないオフィスに部長が5人並んでいる姿を想像すると滑稽で、悲しくて、気持ち悪いです。

3.内定取り消し?

4月から新しい会社の内定が決まっていたのですが、コロナショックで受け入れができないとのことで、
無期限で入社を保留されています。
3月の半ばに連絡が来て、その時は入社を5月にしてほしいって。4月の終わりには「しばらく分からない」って、
無期限の入社日保留を言い渡されました。
貯金も底が尽きそうなので、やむなく5月から転職活動を再開しています。
会社も内定をうやむやにして入社させる気がないのかもしれません。

4.自社への福利厚生がない

友人・知人の話を聞くと、マスクを支給されたとか、補助金が出たとか、本当に羨ましいです。
うちの会社は衛生用品を扱っているのですが、社員に対する手当は一切なし。
マスクも手ピカジェルも補助金もありません。
リモートワークが始まって初めてのミーティングでは「売り上げは落とすな」
もっと社員の命を最優先に考えてほしいです。

5.フリーランスの苦悩

3年ほどIT業界でフリーランスをやっているのですが、就業先が見つかりません。
3月でちょうど契約期間が終わったのが運の尽き。契約の更新はされませんでした。
どこもかしこもフリーランスの募集は中止していて、絶賛無職中です。
幸いなことに貯えがあったので何とか生活はできていますが、もうフリーランスは辞めようかと考えています。

エピソードを募集しています

転職に関するエピソードをお持ちの方はぜひコメントをお願いします!

リクルートエージェント

言わずと知れた業界最大手
求人数が多い
コンサルタントの質が高い
企業へのコネクションが広い

リクルートエージェント公式サイトへ 

マイナビエージェント

新卒紹介でNo.1
求人数が多い
毎日新聞が母体のため、企業からの信頼度抜群
企業への営業力が強い
 

マイナビエージェント公式サイトへ 

DODA

リクルートと双璧をなす大手エージェント
年収アップの求人が多数
求人数が多い
希望に沿った求人紹介

DODA公式サイトへ